【成功事例1: EC通販】 Yahoo広告で前年比 売上170%アップ

今回は、「EC通販業のA社様の売上アップの事例」について紹介したいと思います。

他の多くのお客様と同様に、「インターネット広告は未経験」 から始められたお客様になります。

 

「売上がなぜ170%(前年比)も急上昇したのか。」 その一部始終を中心に紹介します。

最初のきっかけ

Yahooプロモーション広告 キャンペーンチラシ

Yahooプロモーション広告 キャンペーンチラシ

弊社で提供している 「Yahooプロモーション広告 無料3万円キャンペーン」

に興味を持っていただき、1か月限定で利用開始頂いたことによります。

アカウント口座の開設、キーワードや広告文の選定まで弊社でお手伝いさせて頂きました。

 

お客様は数名のスタッフで月商1000万円以上の売上を上げているような店舗だったため、

初期利用の際はできるだけ「負担が少ない、手間がかからない」ように配慮させて頂きました。

お客様の基本データ

設立4年目のEC通販で雑貨、趣味系商品を販売されている会社様になります。

スタッフは総勢5名で仕入れ、EC運営全般(ページ作成、支払い、出荷納品)を行っています。

楽天市場

楽天市場

出店しているECモールも複数にまたがる多店舗展開を行われています。

  • 楽天市場
  • Yahooショッピング
  • Amazon
  • 他中堅ECモール

 

シーズン性がある雑貨商品のため、「売上のピークは夏(特に6月、7月)に集中」しています。

商品自体は下記のような大きな特徴があります。

  • 価格帯は1,000~3,000円で、相場より若干安い。
  • 色は7色揃え幅広いニーズに対応できている。
  • ターゲットは主に女性を中心とした幅広い年齢層になる。

結果

6月 売上170%アップ 2015年6月度 1000万円 → 2016年6月度 1700万円

→ シーズン需要を見事に取り込みました。

月間訪問数 1000アップ 

→ 見込み顧客の大幅な取り込みに成功しました。

成功の要因

Yahoo管理画面

Yahoo管理画面

今回の成功理由としては「お客様からの細かい情報提供」があります。

1つ1つの商品の特徴や購入者の傾向についてなど様々な情報を提供いただきました。

 

提供いただいた情報の一部

  1. 商品ラインナップ及びサイズ、価格、特徴
  2. 購入ユーザーの属性(年齢、性別、居住地)
  3. 競合他社の状況及び自社の優位点
  4. 商品が伸びる状況(曜日、時間帯、シーズン)

 

Yahoo検索結果

Yahoo検索結果

上記の情報に加え弊社の「インターネット広告のテクニック」をいかし対応を行いました。

 

インターネット広告の基本テクニック例の一部

  1. 10種類以上のインターネット広告商品から適切な広告を使用
  2. キャンペーン期間に合わせて集中的に予算を投下
  3. リスティング広告で適切なキーワードを選定
  4. リスティング広告商品ごとに適切なLP(ランディングページ)を設定

今後の展開

広告費の最適化

広告運用 3か月目で運用金額が40万円を突破しました。

(参考)広告費 1か月目 5万円 → 2か月目 10万円 → 3か月目 40万円

 

現在 下記 2施策を実施中です。

  1. より広いお客様にアピールするためには「広告商品の選定、キーワード・広告の見直し」
  2. 他広告媒体との比較検証を行い「費用対効果の最適化」

 

複数モール管理システム導入

スタッフの作業効率を上げるため、「複数モール管理システムの導入」を行って頂きました。

スタッフ1名のリソースを戦略、集客企画にあて更に売り上げを伸ばしていきます。

V-Spirits戦略経営研究所とは

弊社の特徴は「専門家による販促・プロモーションから資金、経営アドバイス」まで幅広く対応可能です。

実績を伴う「効率的な経営アドバイス」を行わせて頂きます。

投稿者プロフィール

岩楯 大輔
岩楯 大輔Web集客コンサルタント
V-SpiritsグループでWeb担当、中小企業を中心に100社以上を担当しています。
Webプロモーションを中心に経営者の方に提案を続ける毎日です。
最近 海外のビールにはまっています。欧米のビールって味が濃いんです。またひとつ大人になりました。

販促・プロモーションの御依頼なら

起業コンサルV-Spiritsグループでは毎月様々な販促イベントを実施しています。Web集客をお考えの経営者様のお問い合わせお待ちしております。

例えば
・インターネット広告のキャンペーン
・サイト制作の無料アドバイス、相談
・Facebook、Twitter活用方法
・情報掲載サイト、まとめサイトなどの活用
・Web集客セミナー、イベント案内