【成功事例6:パソコン教室】 Yahoo広告でアクセス数を前月比3倍に

今回は、「東京都郊外でパソコン教室を経営をしているF社様の事例」について紹介したいと思います。

今回のお客様は既にGoogle広告を利用されており 「インターネット広告の基本知識」 がある状況にあります。

「今回はどのようにパソコン教室の認知度をあげるか」 について紹介します。

最初のきっかけ

Yahooプロモーション広告 キャンペーンチラシ

Yahooプロモーション広告 キャンペーンチラシ

弊社で提供している 「Yahooプロモーション広告 無料3万円キャンペーン」

に興味を持っていただき、「お試しで1か月の限定利用」を開始頂きました。

開店して数か月ということもあり時間を多くとっていただき、

じっくり経営状況についてヒアリングを行えました。

初期利用の際はできるだけ「負担が少なく、手間がかからない」ように配慮させて頂きました。

お客様の基本データ

設立1年目の東京都でパソコン教室1店舗の運営、管理を行っている会社様になります。

スタッフは総勢1名で問い合わせ対応、生徒への指導、フォローアップなどを行っています。

パソコン教室

パソコン教室

もともとは子供向けパソコン教室をメインでされていましたが、問い合わせが多くなかったため

利益率が高いデザイン系、MicrosoftOffice系の講座も新規で募集を開始しようとされておりました。

広告の目的としては「利益率の高いデザイン系、MicrosoftOffice系の生徒募集になります。

結果

 デザイン系、MicrosoftOffice系の新規問い合わせ 3件

 → キーワード設定を行うことで注力講座の問い合わせを増やすことができました。

 月間 170アクセスアップ

 → パソコン教室を探されている方をホームページに100以上流入を行いました。

成功の要因

Yahoo管理画面

Yahoo管理画面

今回の成功理由としては「細かいキーワード設定」があります。

通常 思いつくキーワードであれば数十個が限界ですが、

キーワード生成ツールや各専門サイトで使用されているキーワードを確認したことで、

数百のキーワードを作成し細かいニーズにも対応することができました。

上記に加え「インターネット上のパソコン教室データ」を活かし対応を行いました。

パソコン教室

パソコン教室

インターネット広告の基本テクニック例の一部

  1. 周辺地域の検索データを調査したところ1番に「習い事系キーワード」の検索が多かった
  2. 周辺地域の検索データを調査したところ2番に「(企業名・サービス名)」の検索が多かった
  3. 周辺地域の検索データを調査したところ3番に「研修」の検索が多かった
  4. 周辺地域の検索データを調査したところ「パソコン教室」での検索数は多くなかった。

→ 上記の状況により「想定商圏でのパソコン教室需要が少ないため、」ができました。

今後の展開

コンテンツの強化

全部で10ページ以内のホームページで内容が薄い。

各コースの特徴なども箇条書きにしか書いていないため、まだまだ改善の余地がある。

パソコン教室利用層のメディア活用

習い事を利用する層は特定サイトを利用している可能性が高いため、

他媒体の並行利用を検討する。

V-Spirits戦略経営研究所とは

「専門家による販促・プロモーションから資金、経営アドバイス」まで幅広く対応可能です。

実績を伴う「効率的な経営アドバイス」を行わせて頂きます。

投稿者プロフィール

岩楯 大輔
岩楯 大輔Web集客コンサルタント
V-SpiritsグループでWeb担当、中小企業を中心に100社以上を担当しています。
Webプロモーションを中心に経営者の方に提案を続ける毎日です。
最近 海外のビールにはまっています。欧米のビールって味が濃いんです。またひとつ大人になりました。

販促・プロモーションの御依頼なら

起業コンサルV-Spiritsグループでは毎月様々な販促イベントを実施しています。Web集客をお考えの経営者様のお問い合わせお待ちしております。

例えば
・インターネット広告のキャンペーン
・サイト制作の無料アドバイス、相談
・Facebook、Twitter活用方法
・情報掲載サイト、まとめサイトなどの活用
・Web集客セミナー、イベント案内